本日は住宅用火災報知器についてです。

住宅用火災い報知器は市町村条例により設置が義務付けられております。

設置しなくとも罰則はありませんが、家族を守るためにも設置することをお勧めします。

データが古いですが、2009年度の住宅火災による死者数は約1000人ですが、

そのうち600人が逃げ遅れによるものです。

火災による死因で多いのは、やけどと一酸化炭素中毒・窒息です。

一酸化炭素は、火災によって生じる煙に含まれています。

3~4分吸い込むと昏睡状態に陥るので非常に危険です。

たとえ火元から離れた場所にいても、火災発生に気づくのが遅れると、逃げ遅れて煙に巻かれ、

死に至るケースが少なくありません。このことからも、住宅用火災警報器の設置により、

火災の発生をいち早くキャッチすることが重要と言えるでしょう。

火災報知器取付工事費用はこちらをご覧下さい。

https://www.w-denki.com/rescue-services/

また、火災報知器関連の詳しい内容はこちらのサイトをご覧ください。

http://www.fdma.go.jp/html/life/yobou_contents/qa/#01

 

電球、スイッチ、コンセントの交換・増設から太陽光発電、リフォームまで何でもご相談して下さい!

見積は無料です。

対応エリアは、山形市、上山市、天童市、中山町、山辺町となっております。

渡辺電気工事 渡邉