電球の交換から太陽光発電、リフォームまで何でもご相談して下さい!かかりつけの電気屋さんを持ちませんか?

太陽光発電とは

1.太陽光のメリットって何?

【メリット1】家計にやさしい!

denchi04

発電した電気で日中ご家庭で使用する電力をまかなえます。余った電気は電力会社が買い取ってくれるのでさらにお得!

 

下のグラフが示すように、年間の光熱費を約59%削減。
オール電化と組み合わせでお家からガスが 無くなると約76%の削減とさらにお得!

sunlight02

光熱費の算出は、下記サイトで「住まい:山形県、システム容量:5kW、取付方向:南、
光熱費(電気代:12,000円、ガス代:10,000円、灯油:3000円)という条件で算出しております。

http://sumai.panasonic.jp/alldenka/simulation/

【メリット2】地球にやさしい!

太陽光エネルギーを直接電気に変えるので石油や石炭といった化石燃料を全く使いません。
CO2の排出量を抑制し、地球温暖化防止に貢献できます。

【メリット3】安全・安心!

sunlight03
万が一の災害などで電気が止まっても、日照があれば、
パワーコンディショナ本体の専用コンセントで、
AC 100V(最大1.5kW)を使うことができます。

 

 

【メリット4】断熱効果でお部屋が快適に!

sunlight04
遮熱効果で屋根環境により異なりますが、
屋根裏の温度が約10℃下がります。
これにより夏場の冷房負荷軽減が期待できます。

 

 

 

2.太陽光の仕組みってどうなってるの?

sunlight05

  1. 太陽電池モジュール
    太陽の光エネルギーを電気エネルギー(直流電力)に変換します。
  2. 接続箱
    太陽電池の直流系統ごとの配線を一本にまとめてパワーコンディショナに送ります。
  3. パワーコンディショナ
    太陽電池モジュールで発電した直流電力を、家庭用の交流電力に変換します。
  4. 屋内分電盤
    パワーコンディショナから送られた電力を家庭内の電気製品に送ります。
  5. モニター
    発電や消費などの状況をわかりやすくイラストやグラフで表示します。
  6. 電力量計
    電力会社に売った電気を計量するメーター。

3.設置費はどれくらいかかるの?

設置費用は、屋根の種類や形状、パネル設置数等によって変わりますが、 目安としては工事費込み(標準施工)で1kW当たり約32万円前後となります。
一般的な住宅ですと4~5kW分のパネルを設置できますので、120~160万円となります。

4.補助金はどれくらいもらえるの?

山形県では、1KWあたり2.5万円。上限額は20万円まで。(10kW未満の太陽光発電設備の場合)
山形市では、1kWあたり3万円。上限額は、住宅用4kW、12万円まで。(予算オーバーの場合は抽選)

5.実績

2015年9月現在280件の電気工事を行っております。取扱メーカーは、パナソニック製がメインとなっております。

山形市で太陽光発電の設置をお考えなら

山形市太陽光発電の設置をお考えの方は、「渡辺電気工事」にお任せください。「渡辺電気工事」では、家計・地球にやさしく、安全・安心の太陽光発電をおすすめしております。「メーカー保証書」と併せて、工事部分までを含めた独自の最長3年間保証サービスや1年後の定期点検などアフターサービスも充実しております。太陽光発電の他にもオール電化のリフォームや電球交換など、電気に関する事ならどんなご相談にも対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問合せ下さい TEL 023-632-4640 営業時間 8:00 - 18:00 [ 第2・4土、日、祝日除く ]
電話受付は、年中無休 7:00~22:00まで

PAGETOP
Copyright © 有限会社渡辺電気工事 All Rights Reserved.
Powered by Asahi Printing